ページTOPへ

吉川グループ事業案内

陸・海・空にわたるトータル・ロジスティクスを安全に、迅速に、的確に実践しています。

吉川グループでは、陸・海・空にわたる総合物流事業に携わり、各拠点での荷受け・保管をはじめ、生産者様の仕上げとなる製造・加工、倉庫・物流センターでの移動・仕分け、店舗や消費者への配送に至るまで、一貫した物の流れを請け負っています。

荷受け

港湾運輸事業
港湾荷受けおよび輸出入・移出入をはじめ、陸海倉庫・海上コンテナヤードでの入出庫・保管・管理の業務を行います。

陸上運輸事業
荷受け時の数量や品質チェック、庫内保管・管理、貨物輸送による配送業務を行います。

製造・加工(製品化)


生産者およびメーカー様の業務の一部を請け負い、製品の仕上げ工程を行います。

保管・仕分け

内陸倉庫や物流センターで保管業務を行います。多品種・小ロットにも対応し、出荷指示書に基づいた仕分け・梱包作業を行います。

市場配送

小売店に向けて内陸倉庫または物流センターからの配送業務を行います。

輸送・配送から物流システムの構築に至るまで、お客様のロジスティクス戦略をマネジメントします。

吉川グループでは、これまで培ってきたノウハウと、グループでのシステム構築力を提供。お客様のニーズを共有し、さまざまな課題点や問題点を分析・最適化することで、より確かなロジスティクス・ソリューションを提案いたします。

分析・検討の流れ

予備調査

物流システムの構築に向け、その方向性や手段などを決めるため、お客様の目的と狙いを把握し、現状の課題点や問題点を洗い出します。

実施目標の設定

予備調査でのヒアリング結果を元に理想的な物流環境を見極め、検討材料となる物流システムをご提案。お客様の意向などをふまえ、さらに改善点を洗い出し、新たな物流システムを明確にします。

現状調査

お客様の物流センターや倉庫に一定の期間(必要期間)うかがい、実際の現状における課題点や問題点を念入りに調査。必要に応じ、お客様が所有されている統計資料なども精査・分析いたします。

実行・推進の流れ

改善案の提案

現状調査の結果をふまえ、お客様に最適な改善案を検討。情報システム部門と連携し、コンピューターを駆使したシステム改善提案を盛り込むなど、より具体的な改善案を提案します。

改善実施

提案した具体策に基づき、改善活動を実施。お客様に代わって、物流センターや倉庫内での庫内作業全般を引き受ける完全アウトソーシングや、お客様による改善のサポートを行います。

人と地球の明日を思いやる責任。環境保全活動などにも取り組んでいます。

吉川グループでは、環境負担低減や省資源・省エネルギーに貢献する環境事業の推進やCO2削減の実施など、人と地球の明日に配慮した取組みを積極的に行っています。

環境配慮の取組み

環境事業への取組みとして、資源リサイクルを目指す(株)ハーモニックスと(株)ハーモセレを設立。
産業廃棄物及び汚染土壌の再生処理(リサイクル)を目指して環境事業運営に取組んでいます。
また、処理施設は「ISO14001」認定を取得すると共に、施設の公開や地域活動にも参加し、環境配慮への取り組みも積極的に進めています。


兵庫県産業廃棄物協会 青年部 主導
「須磨海岸クリーン作戦」参加


本社工場清掃作業


造粒固化による造園利用例

人を育てる「森のようちえん」

自然体験を通じて保育を実践する、デンマーク生まれの「森のようちえん」。日本国内でも活動の輪が広がる中、吉川グループでは、大阪市阿倍野区の幼稚園と社団法人による同活動を支援するため、里山への移動用車輌を無償提供しています。